ラリマー 曹珪灰石 Larimar

ラリマー




アイコンラリマーの鉱物情報


Larimar(ラリマー)
和名:ソーダ珪灰石,曹珪灰石
硬度:4.5〜5
結晶系:三斜晶系
産地:ドミニカ共和国



アイコンラリマーについて


ラリマーは、この広い地球上で、ドミニカ共和国バオルコ付近で産出される、海のような美しい青色の石。

ドミニカ人の地質技師ノーマン・ライニング氏によって1974年に発見され、地元の宝石商、ミカエル・メンデス氏が、自身の娘の名前であるLarisaと海を表すMarを合わせて命名、ラリマー(ラリマール)という現地名が付いたのです。

鉱物名はブルー・ペクトライト。

別名を“ドルフィン・ストーン”といいます。

正式な鉱物名は「ブルー・ペクトライト」です。


アイコンラリマーはこんな人にオススメ


・他者との関係性を円滑にしたい
・トラウマを抱えている
・日常に平穏が欲しい



アイコンラリマーの意味や効果について


ターコイズ・ブルーが好きな女性にはおススメの、優しいエネルギーの石です。

三大ヒーリングストーンの一つともいわれていますね。

(ちなみに、ラリマー・スギライト・チャロアイト)

愛と平和を表す鉱物とされ、怒りの感情の鎮静化、

自分で作り上げてしまった固定観念からの解放、

心を平穏な状態に保ちながら、物事に対処できるように導いてくれる、

など、心の状態に愛と平和をもたらし、精神のバランスを保つ効果がある、といわれています。


ターコイズ色の石が好きだけれど、ターコイズ(トルコ石)だとちょっと強くて、という方には、ターコイズよりも女性性と受容性の高いラリマーが持ちやすいでしょう。

衝撃には弱いので、扱いは丁寧に行いましょう。

超音波洗浄も避けてくださいね。
15