ラリマー

ラリマーとは、ドミニカ共和国産の、美しい青いペクトライト(曹珪灰石)の現地名。発見した地質学者のお嬢さんの名前(ラリサ)と海(マール)を合わせて出来たといわれています。正式な鉱物名は「ブルー・ペクトライト」です。
発見されたのは1974年、と比較的新しい石ですが、その美しさと、石が持つ軟らかい波動から、特に女性に人気があります。ターコイズブルーの石を持ちたいけれど、トルコ石ではちょっと強い…と感じている人にもオススメです。
非常に霊的パワーが強く、ヒーリングストーンと言われています。心に平穏と均衡をもたらし、自然の流れに乗って、落ち着いて人生を創造出来るようになります。
愛と平和を表す鉱物、とされています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5