ミツバチと蝶のオーバーレイシルバーペンダント(ホピ族)Gary & Elsie Yoyokie作 [BT100204-06]

ミツバチと蝶のオーバーレイシルバーペンダント(ホピ族)Gary & Elsie Yoyokie作 [BT100204-06]

販売価格: 51,200円(税込)

在庫数 1点
数量:

商品詳細

ミツバチと蝶のオーバーレイシルバーペンダント



Gary & Elsie Yoyokie Silver Pendant Top


アイコンゲーリー・ヨヨキー氏のペンダント ミツバチと蝶のデザイン


ホピ族の有名なアーティスト、ゲーリー&エルシー ヨヨキ夫妻のジュエリーです。

こちらのペンダント・ヘッドは、チューリップに寄って来るチョウとミツバチがモチーフになっています。

のどかな春のワンシーンのようなデザインです。

チョウは、その力強く羽ばたき続ける姿から生命力やエネルギーを表しています。

その他に、サナギからふ化する様子から、変容や変化の象徴ともされています。

ミツバチは、ヒッタイトでは正義の象徴、古代ギリシャでは神託を告げる生き物とされてきました。

現在は、ヨーロッパ全域で勤勉さが身に付くシンボルとされています。

その他、繁栄や豊穣、努力、勤勉、秩序の象徴でもあります。

チューリップは、地位と富を象徴するもの、という意味があり、20世紀初めのアメリカでは、

戦後の希望と豊かさを象徴するものとして、金融機関のロゴマークに広く使われました。


このデザインには、希望や豊かさを表すチューリップに、生命力や変容を象徴するチョウと、

繁栄や努力を象徴するミツバチが寄って来ている構図、ということもできます。


ヨヨキ夫妻の昆虫&お花のモチーフは、とても愛らしいので、インディアンジュエリー初挑戦の方にも、着けやすいデザインではないかと思います。

春が来る、ペンダントヘッドです。

アイコンゲーリー&エルシー夫妻について


ゲーリーさんはホピ族。エルシーさんはナバホ族の出身で、高校卒業後に結婚したお二人。

以来、デザインから仕上げまでハンドメイドで共同で作品を作っています。

1969年から夫妻での制作活動を始めた彼らは、今や大御所アーティスト。

実際にネイティブ・アメリカンのコンテストで数々の賞を受賞する実力者でもあります。


エルシーさんのデザインをゲーリーさんが確かな技術で仕上げていく二人のジュエリーは、

一目でヨヨキー夫妻の作品とわかる特徴を持つデザインです。

カチナや昆虫のモチーフの愛らしさは彼らの代名詞といってもよいでしょう。

アイコンミツバチと蝶のオーバーレイシルバーペンダント商品情報


作家名:Gary & Elsie Yoyokie
素材:SILVER925
サイズ:41.5mm×23.0mm
重量:6.9g

※写真のシルバー製のチョーカーは商品に付属しておりませんので、あらかじめご了承下さい。