ミミズクのオーバーレイシルバーペンダント(ホピ族)Trini Lucas作インディアンジュエリー [IJ00130723-41]

ミミズクのオーバーレイシルバーペンダント(ホピ族)Trini Lucas作インディアンジュエリー [IJ00130723-41]

販売価格: 49,500円(税込)

在庫なし

商品詳細



Trini Lucas Overlay Silver Pendant


アイコンミミズクのオーバーレイシルバーペンダント(ホピ族)Trini Lucas作


  

ホピ族の女性アーティスト、トリニ(トリニダッド)・ルーカスさんのジュエリーです。

有名なジュエリーアーティストで、父親であるGlenn B. Lucasからジュエリー製作を学びました。

創作は1982年から始めたアーティスト。

ティム(ティモシー)・モワさんと結婚。

ご夫婦でシルバー・スミスをしています。

二人は、それぞれにジュエリーの製作を楽しみ、お互いの技術をシェアしながら活動しています。

インスピレーションはどこからでもやって来るのよ、と語るトリニさん。

今回、ご紹介するペンダントヘッドのモチーフは、ふくろうの仲間のミミズク。

北米インディアンの中には、ふくろうを霊媒師や神との仲介役とみなす部族があります。

特に、ホピ族が祭壇(キバ)での祭りの時に扮するカチナ(精霊)の中には、モングワカチナという、

アメリカワシミミズクの化身が夜を支配する神に従う監視者と見なされる存在がいるのです。

ふくろうは、賢明・知恵・知識・案内・不正を見透かす象徴とされてきました。

何千年も前から生存していると考えられ、森の賢者、住居の守り神と言い伝えられています。

また、ふくろうは夜に目が見えるので、隠された知恵のお告げとして崇められても来ました。

トリニさんのミミズクは、愛嬌のある顔立ちをしています。

モチーフの中には、細かい線も刻み込まれていて、独特の質感を出しています。

身に着ける人に、賢く生きていく知恵を授けてくれそうですね。




ミミズクのオーバーレイシルバーペンダント(ホピ族)Trini Lucas作商品情報


素材:SILVER925
サイズ:55.0mm×24.0mm
重量:14.2g

※写真のシルバー製のチョーカーは商品に付属しておりませんので、あらかじめご了承下さい。