キャリコレイクターコイズ ガーネットシルバーペンダント(ノンネイティブ)Leo Feeney作 [TI150129-06]

キャリコレイクターコイズ ガーネットシルバーペンダント(ノンネイティブ)Leo Feeney作 [TI150129-06]

販売価格: 106,480円(税込)

在庫数 1点
数量:

商品詳細

 

Leo Feeney Turquoise Garnet Citrine Silver Pendant



アイコンキャリコレイクターコイズとガーネットを使ったシルバーペンダント


このペンダントの中央には、キャリコレイク・ターコイズがセットされ、その周りをガーネットとシトリンとターコイズをあしらい、美しい色彩を放つジュエリーに仕立てられています。

ターコイズのブルーとシトリン・ガーネットの暖色系のカラーが絶妙なコントラストを生み出している素晴らしいジュエリーであると思います。

Najaの一番のオススメ商品です。


アイコンレオ・フィーニーについて


彼は、様々な銀細工職人についてその技術を学び、コンテンポラリーなスタイルのジュエリーを作っていました。

その後、グランド・キャニオンで出会った奥さまの故郷アリゾナに住み、そこでネイティブ・アメリカンのジュエリー、中でもズニ族のジュエリーの影響を受けました。

もともと持っていた彼の技術を活かして、高度なテクニックを使い、たくさんの石が入り組んだ、貴石や半貴石と合わせた、ユニークできらめいているジュエリーを作るようになりました。



アイコンターコイズの意味や効果について


ターコイズは、太古の昔からお守りとして用いられてきました。

ターコイズは、大きなヒーリング効果を持つ天然石で、持主を守る守護・保護作用があります。

また、ターコイズは友愛を高める石でもあります。

他者とより良い関係性を築くために、コミュニケーション能力をのばしてくれます。

表現力を高めてくれるので、対人関係に悩みの多い方の味方になってくれますよ。

喉のチャクラに置くと、自己表現を円滑にし、現世の魂の目的や何を行動していったらいいのか?という問いに対して指針を与えてくれるといいます。

伝えたい事を上手に言葉に出せない人にもおすすめです。



アイコンレッドガーネットの意味や効果


1月の誕生石であるガーネットは、色彩の豊富な天然石です。

その中でもポピュラーな赤色(もしくは赤褐色)のガーネットは、古くから護符として身に着けられてきました。

身体に蓄積されてしまった邪気をを払い、マイナスな感情をなだめ、ポジティブで幸せな状態に導いてくれます。

治癒力の効果の高さから、古代では兵士達がお守りとして身に着けていたとも言われています。

また、ガーネットは、人間関係を円滑にし、愛する気持ちを育むストーンとしても効果が上げられます。

忍耐力を高め、目標に向かって前進し、成功をつかめるように励ますストーンでもあります。



アイコンシトリンの意味や効果


11月の誕生石としてポピュラーなシトリンは、「希望」「勇気」「自信」「積極性」を高めてくれるどんな人でも馴染みやすいパワーストーンです。

シトリンは、緊張した心と身体をゆるめる働きがあります。

ストレスの多い日常の大きな手助けとなる最高のストーンです。

ストレスや悩みを和らげ、解決できる糸口へと持主を導きます。

金運・財運をもたらす天然石とされ、商人などに人気があります。

繁栄や富貴のパワーを呼び込むすばらしいストーンですよ。


 

キャリコ・レイク・ターコイズ (Carico Lake Turquoise) 
キャリコ・レイク・ターコイズの名前の由来は、標高の高い場所で干上がった太古の湖の跡からみつかったことによります。
ちなみに「キャリコ」には、更紗、とかぶち、という意味がありますので、ここから産出されるターコイズの色のバリエーションが豊富なことから名付けられたのかもしれませんね。
キャリコ・レイク・ターコイズの色は、大変特徴のあるエレクトリカルなグリーンからスカイブルー、濃い灰色がかった青から苔色、土のような緑まで幅広いのです。
一番高いグレードのキャリコ・レイクは、アメリカのターコイズの中でもジェム・クオリティを持ちます。
自然にカットするのに耐えうる強度を持ち、そこに含まれる高濃度の亜鉛により、驚くほどに鮮やかなライムグリーンのものもあります。
グレーからゴールドブラウンのマトリックス、ユニークなスパイダーウェブ(くもの巣状)のパターンで有名です。
ここの鉱山から産出する美しい黄緑色(アップル・グリーン)は、ほかの鉱山では見られない貴重なもので、大変、価値の高いアメリカのターコイズの一つです。
ちなみに、ハイグレードのアップルグリーンのものはターコイズの1年分の産出量の3%にもならず、本当に稀少なものとなっています。
元々は金の鉱山で、最初に記録に残っているのは1909年。
1930年にここに上ったオーギュスト・スティニッチのガールフレンドの名前を取って「オーロラ」と名付けられたことも。
その後も複数のオーナーによってさまざまな名前が付けられました。
この鉱山は幾人かの手を渡り、現在はサンウェスト・シルバー・カントリー社オーナーの所有となりました。同社は北米で40年、ナチュラル・ターコイズをコレクションするビジネスを展開しています。
金の鉱脈の副産物だったターコイズ。
ネヴァダ州の中北部ランダー郡バトルマウンテンの南に位置しており、現在も採掘がなされています。



アイコンターコイズとガーネットシルバーペンダント商品情報


作家名:Leo Feeney
天然石:キャリコレイク・ターコイズ(中央)、ターコイズ、シトリン、ガーネット
素材:SILVER925
重量:22.0g
サイズ:70.0mm×37.0mm×8.0mm(バチカン部をのぞく)